2010年01月25日

外国人参政権への反対明言=亀井氏(時事通信)

 亀井静香金融・郵政改革担当相(国民新党代表)は22日午前の衆院予算委員会で、永住外国人に地方参政権を付与する法案について、「国民新党も、わたしとしても反対だ」と改めて反対を明言した。小池百合子氏(自民)に対する答弁。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

新警視総監「正しい人の力に」(産経新聞)
刑事補償請求、来月4日に決定=横浜事件の免訴判決で−地裁(時事通信)
自民政権なら首相辞任免れず=小泉元首相(時事通信)
<政党交付金>初めて民主党が自民党を逆転 衆院選圧勝で(毎日新聞)
「児童」受給者は申請免除=子ども手当で−厚労省(時事通信)
posted by ヘイホー at 16:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。